株式会社デリカ
小樽・本社工場 〒047-0261 北海道小樽市銭函3丁目514番地15
電話(0134)62-7660
FAX(0134)62-7330

Copyright © Delica Inc.  All Rights Reserved.

味づくりの現場から

デリカの味づくりを支えるスタッフの声

--主な業務内容

営業担当として、ファーストフード、外食業界、ラーメン業界など各業種のお客様にメニューのご提案や、ご依頼のあったタレの試作、製造、受注などデリカの窓口としての業務を担当しています。

--デリカの特徴

 

他社と比べた特徴として、当社は多くの案件が完全な提案型営業です。通常は先に商品があって、それをお客様に薦めるという流れが多いかと思います。

もちろん、先にお客様の方で企画やイメージがあってそれをカタチにすることも多いですが、 当社は、お客様ごとにその業種や求めてられていることを見極めて、こちらから商品のご提案をするというスタイルです。

実際に「こういうものをやりたいが、何か良い提案をして欲しい」と言われることも多く、そこに期待されている部分は大きいと思います。

--選ばれる理由

 

ひとつは、先ほども申し上げたとおり常に提案をするというスタンスであること。当社はあまり常識に縛られないというか、「これにこれを足したら面白いんじゃないか?」というような自由な発想で商品開発をしているので、大手企業では難しいこともデリカではカタチにできます。お客様からは「デリカは面白いものを持ってくる」という評価をいただくことが多いです。

 

もうひとつは、開発、製造のスピードです。

生産工場は北海道ですが、企画・開発は本社・東京のふたつの拠点で行っていますので、本州でも北海道でも迅速な対応が可能です。特に開発の速さはご評価いただいており、お客様が求めているものをいかに素早く提案するかを心がけています。案件にもよりますが、依頼を受けた後、早ければ2、3日でサンプルをお届けすることもありますし、品質検査も同時に行っていますので、OKいただいてから早ければ10日ほどで製造して納品することができます。このスピード感はデリカの強みだと思います。

--スピード可能にしているもの

当社は創業当初よりコンビニ業界を長年やらせていただいております。コンビニ業界は商品サイクルがとても早いので、製造メーカーにも迅速な対応が求められます。 最短の時間でご要望に応えるということを長年やってきておりますので、その経験の蓄積の上で身に付けたノウハウを持っていることが当社のスピード対応につながっていると思います。

 

そして、営業、開発各自がフレキシブルに動ける社内体制があり、通常いくつもの承認プロセスを踏まないと試作を進められないケースが多いと思いますが、当社は営業から開発へダイレクトに依頼がかけられるので、柔軟で素早い対応が可能です。

さらに、過去の試作や商品の情報を全てデータベース化し、社内の誰もがすぐに情報を得ることができるシステムを組んでいることも大きいと思います。

--お客様のイメージをどうのように具現化にするか

お客様の求めていることを伺ってイメージを共有していくわけですが、いかにお客様のイメージを理解するか、そしてそれをいかに正確に開発へ伝えるかが大事になってきます。当然のことではありますが、そこを外すとお客様の求めているものを提供することができません。

 

私たちが扱っているのは「味」という感覚的なのものなので、センスもそうですが経験の積み重ねという部分が大きいと思います。正直、 失敗もあればイメージしているものがすぐには分からなかったりすることもあります。そういうときは曖昧にせず、共有できるまで丁寧にヒアリングをして理解することが大事だと思います。

--社内の連携について

 

お客様の話を直接聞く営業と、実際に味をつくる開発担当者との連携はとても大事です。常にコミュニケーションを取ることを意識しています。良いものを作るために気がついたことは遠慮しないで言い合う。そのためにも日頃からのコミュニケーションが大切ですね。

そして営業同士の情報共有も大事なことなので、毎月試食会を行って商品企画をしたり意見交換をしたりしています。  製造も品質管理も含め、社内全体がよくコミュニケーションが取れているのもデリカの良いところだと思います。

--デリカはどのような会社か

 

それぞれに裁量が与えられていて、自由な発想で仕事をさせてもらっています。自分たちのアイデアや考えをカタチにできる会社ですね。また、社内外問わずとてもオープンな会社です。数字的な部分はすべて明らかにしているので、お客様にもご納得いただける価格でお取引させていただいていますし、社員も自分たちの成果がすぐにわかるようになっています。

 

もうひとつは 顧客第一の精神が根付いている会社だと思います。

 

デリカのベースは町の小さな「たれ屋さん」からのスタートです。

故に自らのブランドを表に出すことなく、 お客様を縁の下で支える商品づくりの延長線が今に至っています。

 

創業時のこの精神が「お客様の良きパートナー」という言葉となり、社員一人一人に受け継がれ、 文字通りお客様の成功を縁の下で支える「たれ屋さん」としてご一緒に仕事が出来る事、それがデリカの誇りです。